FC2ブログ

摩周湖のすそ野から

感じるままに。。。

ありがとうございます


お見舞い ご心配のコメント
本当にありがとうございます<(_ _)>


沢山の方からの
激励や励ましのコメントに
嬉しくて画面も見えなくなるほどです



ようやく少し落ち着いて パソコンの前に 座れて
改めて 感激というか 安心というか
普通の生活が どれほど貴重な事かを 噛みしめています

ブログも 管理画面に入れなくなって
ようやく 繋がりました

一応
下書きの記事が あったのですが
今回の事を
後々、忘れない為にも 書いておく事にしました

9月6日 午前3時8分頃
胆振管内厚真町で 震度7
周辺でも 震度6の 強い地震

私の住んでる所は 震度2程度だったので
揺れに目が覚めたものの
電気も付かないのでそのまま 眠りについてしまいました


5時頃、仙台の妹からの電話で
「北海道が大変!」

我が家には電波が悪くてラジオもないので
情報も得られない
仙台の妹は 東日本の震災を経験しているので
渦中の人には なかなか 情報が伝わらない事は
経験済みの人なので 私の状況も 理解してくれている


東京の ブロ友さんからは
「北海道が恐ろしい事になっています」と 連絡が入り
これはただ事ではない事を 再確認


今回の一番の 不安要素は
北海道全体が 停電になった事


朝の7時頃
コンビニへ行くと 食料品は ほぼ ゼロ
3軒目でカップメン小4個を 調達
スーパーの開く10時頃には 既に 長蛇の列
レジも使えないので 時間がかかり
それでも、買いたい一心で 一時間ほど並んで
夕食のお弁当を手に入れ(私が最後の2個)
見る間に 空になっていく陳列棚を見て 恐怖。。。

ガソリンも一店舗だけ開いていて そこも車、車、車の列
幸にして
半分以上は入っていたので 列には並ばない


我が家はオール電化なので
コンロも使えないので お湯も沸かす事が 出来なくて
お水でカップラーメン食べました
時間を おけば食べれるって 聞いた事があったので
試してみましたが 食べれない事はなかったです^^;
でも
後で、冷静に考えたら 給湯タンクに お湯がいっぱいあったのです^^;

10年ほど前に
何かの時の為にと カセットコンロもあったのに。。。

自然解凍で食べる事が出来るお惣菜も何種類かは
作り置きしてあったのに。。。

こんな時は 平常心も失ってしまうものなのですね

流通が元に戻ったら
カップメンぐらいは常備しなくては。。。




その内に
水道も止まるので 溜めて置くようにとの 連絡
お風呂、お鍋、ヤカンと沢山ためて 夜



外は 漆黒のせかい

空に 瞬くお星さまが

今迄見た事無いような 美しさに

鎮魂と癒しのように感じ

忘れられない夜空になりました



朝になって
前日の新聞が遅れて配達された 記事をみて凍り付きました
ヘリコプターでみた山並みの地滑り状態が
凄まじい 破壊力で
自然の 恐ろしさがまざまざと

震源地では
集落ごと地滑りに飲み込まれ
尊い命が奪われ

札幌での液状化現象で道路も家も破壊され
紙面いっぱいに惨状が
これでもかと伝えています




それでも
娘の所では 朝の内に電気が復旧したとの 明るい知らせ

町でも 駅や病院の周辺から 復旧

でも、完全復旧には一週間程度かかるだろうとの記事
私のすんでる郊外は最後の最後?の覚悟

でも、冷凍庫も
35時間も過ぎると 解けだしてくる

娘からも、心配だから泊まりに来ては?のお誘いに
嬉しく避難


そして、午後8時過ぎに我が家の お隣さんから
復旧したよ~の連絡にホッとする



今回
通信もままならない中で
家族の安否に一番力を発揮してくれたのが
家族で繋がっているラインのお蔭
瞬時に家族の安全を 知ることが出来て
どんなに心強かったか。。。
全員の所で電気が復旧した時は思わず涙がこぼれました

もうしばらくは
品不足の生活が続くとしても
ほぼ普通の生活に戻っているので心配はいりません

ただ
週明けからは電気が足りなくなる ひっ迫感が見込まれるとの 報道
又、いつ停電になるのかはわかりませんが
冷静に対処しなくては。。。



離れた所でも
経験した事ない恐怖を味わい。。。

それが
被災地の人達はまだまだ過酷で苦しい生活が
続いています

一日も早い復興
そして、犠牲になった方達のご冥福をお祈りいたします

  


 一気に書き上げてしまったので
誤字脱字、変な文章などが あるかもしれません<(_ _)>

                                      
スポンサーサイト



  1. 2018/09/08(土) 16:44:15|
  2. 未分類